ZEH普及目標と実績

ZEHとは

zeh_single_1
我が国の「家庭部門」における最終エネルギー消費量は石油危機以降約 2 倍に増加し、 全体の 15 %程を占めています。その為、住宅での省エネが必要不可欠となります。
また、東日本大震災後の電力需給の逼迫(ひっぱく)やエネルギー価格の不安定化などを受 け、家庭部門における省エネルギーの重要性が再認識されています。 

その問題を解決する為に考えられた政策が、「ZEH」という住宅を2020年までに 標準的な新築住宅、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すという 政策目標が定められました。 

ZEH (ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、快適な室内環境を保ちながら、 住宅の断熱化と効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、 太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する 住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅です。